プロフィール

shinyadd

Author:shinyadd
家に余ってるモノをあげたり、もらったりするサイトを作りたくて勉強中です!実現までを随時ここでお知らせしていきたいと思います。
モデルサイト(イメージです)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

月別アーカイブ

twitter

googleadsence

amazon

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォロワー数増加舐めてました><

前ツイートで、フォロワー数5000行ったらニコ生しますって言ってたんだけど、完全に舐めてました。

当面の目標500にします。ニコ生は1000にしまs。

さて、このモデルサイトですがデザインを募集します。機能というか、UIがこんな感じってイメージなのでこの配置、デザインは変えたいと思っております。誰かいい感じにデザインしてくれないっすかねぇ~><もちろん僕も勉強しますけど。

それと、今後の目標!「6月までにこのモデルサイトを動くようにする!!」イメージをもっと具体的に、動的にわかりやすくします。そのまえにこのままgoogleappengine使ってていいのかって問題はありますけど(PHPほとんど経験無いのでjavaが使えるgaeでやってます)

がんばります!!
スポンサーサイト

ニートは世界を救う!

ニートは世界を救う!

いや、本気で思ってるんです^^これからの人間のライフスタイルはこうなっていくんじゃないんだろうか。

今仕事についている人は無理に辞める必要ないと思いますが、仕事についていないもしくはフリーターなどで就職していなくてなんとかやっていけてる人はそのままでいいんじゃないだろうか。十年かからずに多数派になっている気がします。

これから人間の労働は、大きく分けて生産者と消費者にわかれていくと思うんです。
今と大きな違いは消費することも重要な仕事となってくる言うことです。ここで重要なのは、消費するだけでなく感想をWEB上に残すことです。その手段はコメント、ブログ、動画なんでもいいと思います。不特定多数の人間がその痕跡の見ることができるというのが大切なことだと思います。

なので、ニートの方はもちろん仕事に就いている方も漫画や映画、ゲームや小説からお菓子や料理、スイーツ、カップラーメンまでどんどん感想を書いて行きましょう。この行為が世界を、少なくともこれからの日本を支える鍵になると思います。

仕様メモ

twitter感覚で思いついた仕様書いていきます。

ホントはfacebookなんかのイイネボタンを通貨の代わりにしたい。でも、いきなり今日からいいねの数で取引しようと言っても無理なのでその前段階として「物リサイクル」で評価取引をする。

メッセージは基本前公開。というか取引内容原則前公開。

ログインはfacebookのアカウントを使う。信用はfacebookの友達数、発言内容、ブログ内容などで判断する。

お金はオワコン(2)

それでは2つ目のお金はオワコンの理由を書いていこうと思います。

この記事は前回のお金はオワコン(1)に入れたかったのですが、一つ目が長くなったので分けました。なので、2012/03/18現在僕は今回書く理由と前回(お金はオワコン(1))の2つの理由から僕はお金はオワコンと思っております。それでは 2つ目を語らせてもらいます。

前回の理由を簡単に言うと消費の限界です。今回の理由はITによる技術革新です。

僕は現在、プログラマというコンピュータのソフトを作る仕事をしています。この仕事はこの世をシステム化、効率化していくという仕事です。数千人、数万人がやっている仕事を効率化することで数百人、数十人、もしかしたら数人でできるようにしていく仕事です。つまり、僕達が頑張れば頑張るほどたくさんの人の仕事を奪っていくわけです。資本主義の概念から行くとその失業は仕方ないものなのかもしれません。ただ、今の社会にその失業者を受け入れ力があるのかと言われれば答えはNOです。

具体例として電子書籍なんかがいい例ではないでしょうか。現在、出版社が印刷所の関係もあるのか書籍の電子化に消極的ですがAmazonが2012年の4月に電子書籍に参入するといった噂も流れてますし確実にその波は押し寄せてきます。雑誌なんかは電子化してもらったほうがかさばらないし利便性がいいでしょう。しかし、そんなことになると全国の印刷の仕事をしている人たちは大失業です。更に価格競争で出版社の人も多く仕事を失うでしょう。

これから迫り来るものとして自動車の自動運転化ってのもありますね。
自動運転はgoogleが有名ですが、ホンダやトヨタ、GMなど国内外の自動車メーカーもこのシステムに取り組んでいるみたいです。現在、法整備などいろいろ問題は多いようですが、高速道路では自動化が比較的やりやすいと言われてるので高速道路から始まり実績を積んで全道路、完全自動化まで案外早いかもしれません。

そうなった場合、世界で大量のドライバーが失業します。そしてその失業者達を必要とする仕事は日本どころか世界にもないような気がします。この状況は、全員が働かなくても良い状況なので本来喜ぶべきことなのに、お金システムに頼っている現在は暗い未来しか想像できません。こういった技術革新を受け入れ更にお金を回すというのは、現在のシステムでは難しいのではないでしょうか。さらに言えば、お金儲けにはならないが社会が必要としている仕事、「地域のスポーツの指導」や「街の清掃」などお金にはならないが人が喜ぶ仕事はまだまだあります。お金システムに頼らず新しい概念を生み出したほうが社会がより成長する気がしてならないのです。

この技術革新による大量の失業者へのフォローとお金にはならない必要とされている仕事が現在のお金のシステムでは解決できないことからもお金はオワコンであると言えるのではないでしょうか。この問題の一つの解決策としてこのサイトから発信していければいいと思っております。

モデルサイト
http://mono-recycle.appspot.com/

お金はオワコン(1)

このカテゴリでは、なぜ僕がお金はオワコンだと思うかを書いていこうと思います!
※オワコン=終わったコンテンツ

まず初めに断っておきますが、僕は経済学者でも難関大学卒業の経済のスペシャリストではありません。大卒ではなく最終学歴は地方公立高校卒業です。その辺にいる普通の26歳男性なのです。そんな僕なので経済の細かい分析でこの説を唱えてるわけではありません。シンプルに単純に考えた結果です。ちょっと聞いてみてください。

僕が20歳を超えて、もっと言うと今の仕事(プログラマ)についてから常々思っていることがあります。それは、「この仕事僕がやる必要あるのだろうか…意味はあるのだろうか…」今やってる仕事に必要性をあまり感じないのです。この仕事より、雪国で老夫婦の家の屋根の雪かきをする方が社会の役に立っているのではないか。そんなことを考え出してこの思想にたどり着きました。

お金は社会を成長させる潤滑油のようなものだと思います。大根を作ってもお金という概念がなければ大根は大根のままであり、物と交換するのは難しいと思います。そこに、お金という概念を入れることにより生産物が社会の需要におうじて数値化され交換が安易になります。更にその発展形として輸送、加工などのサービスも数値化が可能になり社会はますます成長します。

しかし、社会の成長が成熟すればお金は邪魔になってくるのではないでしょうか。例えがころころ変わって申し訳ないですが、饅頭工場があったとします。その饅頭工場は従業員が10人おり、1日1人100個の饅頭を作ります。その工場に1日1000個作る機械が導入されたとします。すると、その機械が1人づつに与えられ生産性は格段に上がり値段はどんどん下がります。現在、それを繰り返して饅頭を必要としているほとんどの人に行き渡り売れない状態、消費の限界に来ているのではないでしょうか。

現在は、消費の限界に来てもなお生産を続けている状態です。すでに全員が働かなくてもいいのに「働かざるもの食うべからず」「働く=お金を稼ぐ」の思想から「お金を稼がざるもの食うべからず」という思想になり無理やりお金を動かしている状態ではないでしょうか。本来、お金の役目は社会を成長させる潤滑油です。成長しきった現在、「社会を良くする為に働く」のではなく「(社会の成長の足を止めてでも)お金を稼ぐために働く」といった本末転倒な状態になっているような気がします。その為、必要でない公共事業などの仕事を作ったり、キャンペーン等の消費を作ったりして無理矢理お金をまわしている状態ではないのでしょうか。そして、そのお金を無理矢理回すといった行為もそろそろ限界なような気がします。

これが僕が思うお金はオワコンの理由の1つ目です。ここまで読んでくださった方、拙い文章に付き合って下さりありがとうございました。

※この文章を書くのに数回「戻る」ボタンを押してしまい何度も書き直しました>< 疲れた(涙)

はじめに

こんにちわ!shinyaddです。

このブログは「物リサイクル」というサイトを立ち上げるべく、その開発日記をつけるために立ち上げました。

この僕が立ち上げたい「物リサイクル」というサイト。
とりあえずイメージでTOPページを作ってみました。
http://mono-recycle.appspot.com/

これはお金はオワコン!!をコンセプトにしています。
※オワコン=終わったコンテンツ

このコンセプトは僕が普段、世間から感じていた感覚+岡田斗司夫さんのニコ生ゼミって番組からすごく影響を受けています。

岡田斗司夫ゼミ10月号「ニート革命!働かなくていい10の理由」
http://www.nicovideo.jp/watch/1318169760
※参考までに、これがコンセプトのことを語ってないかもしれません><興味が湧いたら他の動画も見てください。評価経済でググってみてもいいかも♪

岡田斗司夫×神田昌典対談「世?界の変わり目にフリーに生きる?」
http://live.nicovideo.jp/watch/lv83776900?ref=ser


このコンセプトを元にいかに「お金を介さずに物を手に入れるか」ということを真剣に考えてシステムを構築しようと思ってます。

簡単な流れとして
(モノを譲る場合)
家に余っていてオークションに出す程でもないものを「譲リスト」に追加する

その「譲リスト」を見た他ユーザーがその品物に対して挙手(オークションでいう入札)をする。

譲る側は一定の期間の中でその品物に挙手した(集まった)ユーザー達の過去の取引状況、5段階評価、ブログ等で日々の活動を知る、などでユーザーの情報を比べ譲る人を決めます。

譲る側はその品物を送り(送料をどちらが払うかは考え中)、受け取った側は譲った側に評価(星5/いくつか、いいね!など)を与えます。

(モノを貰う場合)
「物リサイクル」
欲しい物を他ユーザの譲リストからキーワード検索する。

欲しい物が見つかったらその品に挙手(オークションでいう入札)する。

一定期間待ち、出品者が挙手者の中から譲る品をあげたい人を選ぶ。

自分が選ばれた場合、商品を送ってもらい(送料はどちらが払うか考え中)受け取ったら出品者を評価星5/いくつか、いいね!など)する。

大まかにこんな流れを考えております。現時点ではこれを聞いても、「何言ってんだこいつ」とやる夫のAAが見えるかもしれませんが、この最後にもらえる評価がお金の価値を上回る日が近々くると僕は思っています。

少しでも興味を持った方どんな事でもいいので意見をください。

とりあえず、今年中にサイト完成を目標にがんばります。
イメージサイト
http://mono-recycle.appspot.com/




| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。